真面目な話

六白金星は 運命の日知りたい

文明以前から脈々と集団で暮らしてきました。群れをつくらなければすぐに絶滅していたかもしれません。
集団からのけ者にされる六白金星は、それはその人間の一生の終わりになりました。
生命体として孤立を恐怖するような認識を遺伝子を絶やさないために身につけていたのかはたまた集団生活の中で学習して六白金星は、それが結果として遺伝子単位で記憶しているのかははっきりしません。
けれども孤立は死につながる状態だったため、六白金星は孤独に打ち勝とうとすることは生死に関わる問題であることは明確だったのでしょう。
村八分という行為が日本の村々で実施されていましたが、六白金星はある程度重い処罰でした。しかしながら死刑までは執行しませんでした。

そんな六白金星は 運命の日知りたいで大丈夫か?

死罪に似ている罰則ではあっても六白金星は、殺すわけではない、六白金星はといった程度の取扱いだったのでしょう。
現在では寂しくても生きていくうえで障害にはなりえません。とはいっても六白金星は、分かりあえないことへの心配だけは誰しも感じています。
恋人との別れは他人から突っぱねられることなので、六白金星はそれから「死んだ方がいい」と打ち明けるほど落ち込んでしまい六白金星は、元気になるにはある程度時間がかかります。これは一過性のものでコントロールできるものではないのです。
失恋によって心がズタズタになり六白金星は、別人のようになってしまうのは六白金星は、どうしようもないことなのです。
終わった恋にどう向き合うべきなのか、六白金星は自分を守ってしまう心理も合わせて考慮に入れましょう。相応しい行動とそうでないことがあります。